生活感をほどよく隠す北欧ラバーの家

 

CONCEPT

ここ何年でしょう。
「働き方改革」という言葉を耳にするようになりました。

しかしまわりは慌ただしい毎日を過ごしている人がほとんどです。

幸福度世界トップクラスのデンマーク。
彼らの日常に深く関わる「ヒュッゲ」という言葉があります。

「家族や友人とゆったりとしたスローな時間を過ごすこと」また

[家の中のインテリアを整え心地よくくつろげる空間にすること」

私たちの暮らしにも気軽にとり入れリラックスできるヒントをご紹介します。

使い方さまざま

奥行きを活かし手前に下足入、奥に下足棚。
小壁を作り小物置きにしました。
手間の下足入は
スリッパ置きとして使っています。

きれいな空気のリビング

テレビを置く背面にエコカラットを貼りました。調湿消臭効果はもちろん、凹凸がテレビの音質を良くし、何よりデザインがGOOD

カジュアル和室

畳の色をベージュにしリビングとの繋がりをもたせました

ちょっと隠してダイニングテーブル

ソファーの左の壁にはピクチャーレール、大きな黄色い木の絵画を掛けます。

それとダイニングのペンダントライトの色もあわせて黄色にしました。

また、ダイニングテーブルの後ろの収納はリビングなどで使う細々したものを整理整頓しやすいように可動棚収納にしました。

心地よくスタートできるキッチン

キッチンとカップボードを
スッキリ白で統一しました。
きれいです。
清々しい1日の始まり。

置くものに合わせた収納方

キッチンのつづきにパントリー。
使い方をしっかり決めて一部を可動棚、
一部を固定棚し奥行きも変え、
コンセントも設けました。

あるとないとじゃ大違い①

キッチンと洗面脱衣室の間にランドリールームを設けました。水回りをL字の動線にしたことで家事時間がギュッと短くなりました。

あるとないとじゃ大違い②

ランドリールームを別にしたことで洗面化粧台の隣に多目的カウンターを増設。

時にはアイロン台に時にはパウダーテーブルに。みんなでドライヤー。パパのシェイバーの充電に。

今の将来も

お部屋の壁紙を一部を幾何学的でシンプルなデザインのものを貼りました。
ベットや机を白でまとめ子供が大きくなっても飽きることなく使えます。

DATA

価格:1,500万円〜1,999万円

タイプ:北欧

構造:-

間取り:3LDK+和室+パントリー+ランドリー+外物置

施工会社:株式会社 セレソンハウス